睾丸腫れた、痛くも痒くもない

サカナネコの放送室

下ネタではないです!!

こんにちは!ネコです。数年前の体験を投稿したいと思います。

『精巣腫瘍』

いきなり、怖い事書いてすみません・・・。でも、僕もびっくり診断でした。※僕の場合
睾丸、2つある内の1つが、↑の診断でした。ビックリはしましたが、ショックってのはそれほどなく
「あぁ、そうですか」だったかなー。

当時、仕事をしていなかったのが、ある意味良かったのです。ネコなんで・・・

 

ある夜、お風呂に入りました。息子が、たまたまが、大きい・・・。求職中だったので、夢か、まぼろし~!か、誰にも言えず、就寝。。。「明日、起きても、大きかったら、病院に行こう・・・」

翌日、大きい(ミカン位)。現実。親には「ハローワーク言ってくる・・・。」この前後は自覚症状は無かったです。

問診票は、淡々と記入出来ていました。わりと若い受付嬢!!だったかな。気にしなかったー

診察は、ローションみたいの塗って、エコー(妊娠検査するみたいの)で行いました。もう、早く終わって、神妙な感じで、すぐ紹介状書くからって。近くの病院は?

「えーっと、〇〇病院でー」と淡々と、受け答えしてました。

 

で、親に電話したんだけど。

ネコ「あ、なんか、睾丸腫瘍で、即入院の即手術だってー」親「あー、分かった」

多分、20秒くらい。

で、その病院行って、手続して一旦帰宅、翌日になったかな入院は・・・。それでもなんか、だんだん惨めな気分になってきて、寿司パックwを買ったのを覚えてる。病院の駐車場で食べました。

その時に、親から電話。やっぱり、良く分かっていなかった。それはそうだろう!
俺もだから。なんとなく、説明した。

 

数年前なので、記憶も・・・薄い・・・

そして、入院しました。

手術には、準備が必要。拒否は出来ません。

陰毛剃ります。問答無用です。

せめてもの救いが、マダム(看護師長)だったこと。本当に良かった!!分かるだろ、男子っ!!すみません。
すっきりキレイに、睾〇が高校球児!!

会話の中に、重要がワードが・・・

「もう、みんな恥ずかしがって、リンゴくらい腫らしてから来るから、早く来て偉いわよ~!若い子(10代)もこの間やったから~」「ははっ」みたいな!!

リンゴはやばい。普通に進行まっしぐらです。ちなみに最初に行った病院は、

泌尿器科です。

まず、同じ症状の男子は病院に行きましょう!!結果的に、睾丸一つ献上しましたが、二つ取られたら、子どもは諦めないといけない状態です・・・。今は、独身ですが、ここの事実は衝撃あります。

手術は、局所麻酔で行いました。意識ありでしたが、すごい寒くてガタガタ震えていたのは覚えています。

手術時間は40分くらいで、傷口も下腹部に10センチ未満です。〇〇みたいなモノでした。〇〇は書けませんが。

手術自体は無事に終了。

 

術後の入院生活(2~3日・・・?)は覚えていないんだな~、ブログでもやってれば、最高だったかも(笑)

時間あったしー

定期検査が、あって3ヵ月に一回とか、だんだん間隔は長くなります。現在は、通院は無しです。

検査が、尿検査と血液検査と、たまに造影検査!!

この、造影検査が辛くはないけど、プレデターの血見たいな造影剤を入れるんだけど、全身がホットホットになる感じがして、全身に回る頃、お尻がじんじんしてくる!!

経験ある人は、似た経験がきっとあると思います。(毎回、誓約書みたいのは書きます)

 

この検査ってのが、「腫瘍マーカー」を調べる検査で、転移が無いかを調べるのです。今のところ、ネコは大丈夫らしい・・・。もしも、なにかあっても、独身のこの瞬間なら家族が居ない事が幸せだと思う。

 

癌で亡くなる方が多い。知人でも有名人でも居ました。色んな臓器に発症します。家族の為に、自分の為に。
早期発見・早期治療が大切です。社員を抱えている方は、会社の業績の心配も大切ですが、社員の健康状態にも常に気を配って欲しいと思います。

病気や休職に追い込むような会社は、誰からも求められていませんし、必要ではありません。トップの方は、改革するか辞めて下さい。

 

追記:今さながら癌だったんだなー、腫瘍だけど、医者から言わせると「脳癌って言わないでしょ」確かに・・・。ホント、良いニュースおくれやす~

次回は「ものもらい」についての経験をアップします。ご期待??ください??

タイトルとURLをコピーしました