お盆でご先祖様を供養しよう。

サカナネコの放送室
お盆には、実家には帰れそうですか?サービス業の方は、難しいかもしれませんが・・・
自分の家のお墓の場所はしっかり分かりますか?なかなか管理で出来ずに朽ちてしまう所もあります。
出来る方は、しっかりお参りと管理をして欲しいと思います。

 

それでも、誰もがしっかり出来るとも限りません。
今はネットでお墓参りが出来るサービスもあります。

賛否両論はありそうですが、高齢者だったり、それぞれの事情によっては、良いサービスかなと最近思います。

 

お盆は、8月13日~16日となります。(地域・お寺によっては、1か月早い所もあるようです)

 

連休だ!!遊びに行く前に、行って欲しいと思います。

 

お盆の正式名称は『盂蘭盆会(うらぼんえ』と呼ぶそうです。
先祖や亡くなった人たちが苦しむ事無く、成仏してくれるようにと
子孫が、報恩や追善の供養をする期間である。

 

基本の習わし

1.13日の夕方に迎え火を焚き御先祖の霊を迎えます。

玄関先で、オガラに火を点けてお迎えします。
(オガラはスーパーやホームセンターで購入できます)
          
 
          2.実家で過ごします。
            
          3.15日の夕方か16日の朝に送り火を焚き(オガラ)、              御先祖様に帰って貰います。

 

有名なのが、この送り火です。(京都)

 

 

盆踊りは、地獄での受苦を免れた亡者たちが、喜んで踊る状態の表現を表しているそうです。

 

 

お仏壇に供えるものに、野菜を使って作るものがあります。

『精霊馬(しょうりょううま)』と呼びます。

 

〇キュウリは、馬の例えで、お盆の時に少しでも早く、お迎えできるようにとの願いを表現しています。

         〇ナスは、牛の例えでお盆が終わって帰るときは          のんびりを表現しています。土産物も乗せる理由もある様です。

僕は、意味を知らなかったので、畑で獲れたトウモロコシを使って作っていました。(きっと分かってくれていたはず!!)足部分は、マッチ棒を僕は使っていました。

 

お墓参りは、お盆以外でもいつでも行っていいのです。
悩みがある時や何かの報告しに行くのもご先祖様は喜ぶと思います。
また、年数回だけですと、草や備えた花が枯れて荒れてしまいます。
定期的に、行って欲しいと思います
注意点としては、真夏の時の掃除の際、墓石に水をかけると
熱くなりすぎていて、割れてしまう事もあるので、気を付けて欲しいです。

 

迎え火、送り火、線香を使う際には、火事には本当に気を付けてください。乾燥する時期なので、特にです!!

 

ネットお墓もそうですが、時代の流れと共に、引き継ぐ人や形態も変わっています。

大事な文化は残していきたいですね。日本の良き風習は残し、悪しき風習は無くして行こう。

 

浅野 盆提灯 回転 高月 2601posted with カエレバ
楽天市場で購入
Amazonで購入
7netで購入

線香 贈答用 「月夜のうさぎ 桐箱(日本香堂)」posted with カエレバ
楽天市場で購入
Amazonで購入
7netで購入

ペガサス ロータスグレイス 1Pposted with カエレバ
楽天市場で購入
Amazonで購入
7netで購入

タイトルとURLをコピーしました