救命法・救命の連鎖・応急手当

健康・医療・経験
9月9日は「救急の日」です。
改めて、「救急」について考えて欲しいです。
救急車を呼んだり、救命措置をしたことはありますか?
呼んでもらったり、救命措置で一命を取り留めた方も居るかもしれませんね。
僕も、搬送されたことも付き添ったこともどちらもあります。
本当に、お世話になりました。搬送の際の記憶はありません・・・。

隊員の方々は、常に緊張(待機等で)されているので、心身の負担は相当なものです。

平均寿命が短くなるという記事を見た事もあります。

本当に、尊敬に値する職務に付かれていると思います。

良い意味で、大活躍しない社会になればと思います。

119番が火事・救急車です。

相手が聞いてくれるのので、落ち着いて話しましょう。
ただ、落ち着けないのが緊急時!!
度忘れしちゃう情報も、沢山出てしまいます!!
通報と同時に出動し、発信元も特定してくれます。
最低限の正確な情報は伝えられるように日頃から準備しましょう。
施設であれば、年二回の訓練以外でも、内線を使った通報訓練もお勧めです。
因みに、
110番は警察です。
そして、通報と並行して行わなければならないのが、
「救命措置」です。
一連の手順を「救命の連鎖」といい、関わった人が引き継いでいく事を
「救命のリレー:住民→救急隊→医師」と言います。
心肺蘇生法は、学校や職場でも経験があると思いますが、1~2回の経験では
いざやる時には、難しいのです。
今は、AEDの操作にも慣れる事が重要です。
AED(自動体外除細動器)
心室細動の状態を元の正常な状態に戻すために使用します。
機械で測定しているので、音声案内に従って行えば、救命が出来ます。
「間違って、電気ショックやっちゃった・・・」
って事は無く、電気ショックが必要無ければ、
引き続き心臓マッサージを続けます。
近隣の消防署でも、講習会が行われているので、練習して欲しいと思います。
半日コースや一日コースがあります。一日コースは、より内容が濃いものになっています。

救命に関して、難しかったり、考える状況もあります。
  • 高齢者の場合、延命措置をしないで欲しいという要望がある場合。
    (施設・病院であれば事前に、確認されていることがあります)
  • 女性を救命する場合、服を脱がせる時に、躊躇する。又は、脱がせて欲しくないとの意見もある。
    (目の前に、救える命があるなら、助けるべきなのだと思います)
↑難しい所なので、(なんで助けたの?など・・・)その時の、信念に従ってください。

しかし、迷っていて心肺停止後、AEDによる救命措置をしないと、1分遅れるごとに
救命率(社会復帰に出来る確率)は7~10%ずつ下がっていきます。
10分以上放置されると、ほとんど助からないか、重い障害が出てしまう可能性があります。
過去にも、「AED」があれば助かった命が多くありました。
今では、色々な所で設置しているのを見掛けます。
知らない方は、一度は講習を受けて頂きたいと思います。
設置に関しては、購入の他にレンタルもあります。
バッテリーの交換や身体に貼る電極パッドのは使用期限があります。
検討しての導入をお勧めいします。
改めて、救急車を要請する際ですが、本当に緊急性がありますか?
要請すると、信号もサイレンを鳴らしながら通過し、迅速に来てくれます。
搬送も優先的に道路を走行できます。
救急車が近づいたら、ハザードを点けて道路の端に停車しましょう。
音楽を聴いていると、接近に気が付きにくいですが、運転手は常にミラー等で周囲の確認を
徹底してください。
そんな命をつなぐ救急車ですが、
あり得ない理由で使用する人間もいます。
  • タクシー代わりに使用する。
  • SNSにアップするために呼び、車内でも写真を撮る。
  • 診察時間に間に合わないから。
  • 包丁で指を切った。
  • 歯が痛い。
  • 病院が混んでいるから。
  • コンビに寄って。
  • 誰か相手して「寝れなくて・・・」
  • ゴキブリが出た。
  • 水虫が痒いから。

全て、実際にあった通報です

まあ、こんな顔になりますわ!!

最近のニュース見てても、減りそうもないね。

実際行っても、恫喝や暴力してきたり。

本当に必要な所に行って欲しいけど、そんな人に限って通報を

躊躇しちゃってるんだろうな・・・

  • 胸や頭が激しく痛む。

  • 意識が無い

  • 交通事故

などは、迷わず119番です。

症状の緊急度を素早く判定!救急車を呼ぶ目安に!
「Q助」全国版救急アプリ
サポートURL(消防庁のHP)

http://www.fdma.go.jp/ 

開きましたら、左上に表示されるキーワード検索に「Q助」と入力するとすぐに開きます。
他にも、救急車を呼ぶべきか迷った時には

「#7119」の救急相談センターに相談しましょう。

東京消防庁救急相談センターですが、相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が

24時間年中無休で対応してくれます。

しかし、実施出来ていない自治体もあります。

災害の多い日本です、近年も多くの災害が起きています。

この先も、大規模災害は必ず起きます。

日頃からの備え(食料品や備品、救命技術等)が大切です。

側にいる人、知人を守り助けましょう!!

タイトルとURLをコピーしました